ザイザルVS花粉症

花粉症がサイザルの出現に驚いてる画像

ザイザルは花粉などに反応するアレルギー症状を改善する効果がある薬です。花粉症の症状は風邪と同じようなものが多いですが、適切な薬を選び服用しなければ改善は期待できません。

ザイザルとは何か

ザイザルは錠剤の製品名でザイザルにはレボセチリジン塩酸塩という成分が含まれています。
ザイザルは簡単に言ってしまえばアレルギーを抑える薬です。アレルギーには鼻炎、くしゃみ、じんま疹や湿疹、体のかゆみなどの様々な症状がありますがその全てに有効です。アレルギーの症状には体内の肥満細胞と呼ばれる免疫細胞から生成されるヒスタミンと呼ばれる物質が大きく関与しているのですが、ザイザルはヒスタミンが機能するために結合する部位にヒスタミンを結合しにくくさせます。しかし、ヒスタミンそのものの生成を抑制することはできないので、あくまで対処療法として効果のみでアレルギーそのものを治すことはできません。つまり花粉症患者の鼻水、くしゃみ等の症状は抑えることができますが花粉症自体を治すことは不可能です。またザイザルは抗アレルギー薬のうち第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されています。その特徴としてヒスタミンに対する効果のみを強く発揮するので、他の抗アレルギー薬にみられる、いつも以上にのどが渇いてしまう、眠くなってしまうといった副作用が起こりにくいのでアレルギーに悩む多くの人に利用されています。さらに薬を飲んでから薬効があらわれるまでの時間が比較的短く薬効が継続する時間も他の薬剤に比べると長めです。重度の花粉症などの症状で悩んでいる人にとっては飲んですぐ効く、飲む回数がより少ないというのはたいへん嬉しい特徴でしょう。
ザイザルを含めその他の多くの薬剤に共通していることですが薬をを服用する際、腎臓や肝臓の弱い人は医師や薬剤師に相談するなどして慎重に服用してください、またアルコールはザイザルの副作用である眠気を強くさせることがあるので飲酒もひかえましょう。