花粉症がサイザルの出現に驚いてる画像

ザイザルは花粉などに反応するアレルギー症状を改善する効果がある薬です。花粉症の症状は風邪と同じようなものが多いですが、適切な薬を選び服用しなければ改善は期待できません。

2017年01月の記事一覧

抗アレルギー薬に分類されるザイザルとビオフェルミン

春になると花粉症で悩まされる人が増えますが、つらい症状を改善するためにはやはり対策を考えておく必要があります。
症状が強く出ているときは医療機関の治療も選ばれることとなります。
そして、医療機関での治療では薬が中心となります。

アレルギー対策の薬にも色々な種類がありますが、ザイザルもよく選ばれている薬のひとつです。
ザイザルは抗アレルギー薬に分類されている、第2世代の抗ヒスタミン薬で鼻水やくしゃみなどの症状の改善に役立ってくれます。
比較的効果が出るのも早く、効果が長く持続するのも特徴的です。

副作用は比較的少ないほうですが、人によっては眠気や倦怠感が残ることもあります。
アレルギー性鼻炎の改善のほかにも蕁麻疹、湿疹、皮膚炎などの皮膚の症状の改善にも役立てられています。
効果が長く続くということもあり、成人の場合は1日1回の服用でよく、寝る前に服用します。
症状や年齢によって飲み方も変わってきますので、医師の指導を守り正しく服用していきましょう。

そしてアレルギーの症状を改善するには腸内環境を整えておくことも大切です。
腸内環境を整えるには良質な乳酸菌を取ることが大切です。乳酸菌を手軽にとる方法としてはヨーグルトも便利で、最近は様々な高機能なヨーグルトも登場しています。
そして、より手軽に良質な乳酸菌を取るのであれば、ビオフェルミンも便利です。
ビオフェルミンは整腸剤として人気が高く、薬局でも手軽に購入することができますし、病院でも処方してもらうことができます。
顆粒タイプ、粉末タイプが用意されていますので、飲みやすいものを選びましょう。
アレルギー薬のように即効性があるというわけではありませんが、長く続けていくことで体質改善に役立ちます。

続きを読む