花粉症がサイザルの出現に驚いてる画像

ザイザルは花粉などに反応するアレルギー症状を改善する効果がある薬です。花粉症の症状は風邪と同じようなものが多いですが、適切な薬を選び服用しなければ改善は期待できません。

2017年04月の記事一覧

花粉症対策でのザイザルとはちみつの副作用を比較する

ザイザル錠とは、花粉症などの鼻炎性アレルギーを抑えるときに処方される抗ヒスタミン薬です。
ザイザル錠は、ヒスタミン受容体をブロックすることによって、花粉症をはじめとした、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹や皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症などの治療に用いられます。さらに、アレルギーにかかわる化学伝達物質についても、多少抑制する作用があります。ただし、ザイザル錠は、対症療法薬であるため、病気の原因を根本から解決するわけではありません。
その主な副作用としては、眠気、頭痛、疲労感、倦怠感、口渇、吐き気、食欲不振などがあげられますが、そうした副作用は比較的少ないです。重大な副作用には、アナフィラキシーショックや痙攣、肝臓の重い症状などがまれに表れることがありますので、そのような症状がみられた場合は早急に医師へ相談してください。
最近では、花粉症対策としてはちみつを使った対策が取り上げられています。
はちみつの使い方として、症状が出始めたら、綿棒の両面にはちみつを少量つけて鼻腔の奥にはちみつを塗ります。はちみつを塗ると鼻水やくしゃみがたくさん出るので落ち着いたら繰り返しはちみつを塗ってください。症状によりますが、一日数回程度塗ってください。
目のかゆみにも綿棒を使って蜂蜜をほんの少量つけ、目じりに直接塗ります。蜂蜜と同量の水で溶いた蜂蜜の液を目薬として使うこともお勧めできます。鼻の周りや目の周りが痒くなった場合でもはちみつ液を塗ってください。
蜂蜜を使うとなぜ効果的かというと、蜂蜜は皮膚などに塗られたときにまわりの水分を引き寄せ、その時にアレルギーの原因となる花粉を一緒に取り込んで鼻水として輩出します。何度も塗ることによって蜂蜜が膜を作って花粉をブロックしてくれます。さらにビタミンB2が含まれているため改善するといった仕組みですが、ザイザルと比較しても副作用がないため非常に効果的です。

続きを読む