年俸制と残業代について

年俸制で働く人は残業代はどうなるのでしょうか。

感覚的に、給料を年俸でもらっているような人には残業代は関係ないように思えるかもしれません。確かに多くの場合はそうかもしれませんが、それは年俸制の人は管理監督者の仕事をするような場合が多く、管理監督者には残業代はでないとされているために過ぎません。

言い換えれば、年俸制だからといって即座に残業代がでなくなるわけではないということです。この点は年俸が導入される時点でよく会社側と確認しておく必要があります。もし転職などで年俸が提示されたような場合も同様です。よく自分の待遇について会社側に確認し、自分は管理監督者として採用されるのかどうかを確認しておきましょう。

管理監督者として採用されるのであれば残業してもその分の報酬が支払われなくても止むを得ませんが、そうではないのであれば支払われないとおかしいということです。ちなみに年俸制の場合、若干細かい話にはなりますが月給プラスボーナスという形で報酬を受け取っている人よりも残業時の時給がアップすることがあります。

これは、ボーナスのように臨時に受け取る報酬はその人の時間給算出の際に含めないのに対して、年俸で決まっている人はたとえそのうちの一部を形式上ボーナス月に受け取るのであっても、事前に決まっている以上は臨時に受け取るものとされず、時給計算のときに含まれてくるためです。ですから、年収としては同じであっても時給が高く計算されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です