派遣型の翻訳サービスのメリットとは?

翻訳を頼む場合、翻訳会社に依頼する以外にも派遣型の翻訳サービスがあります。

派遣型の翻訳サービスを利用するのに最適なのが、翻訳が必要なプロジェクトが中期から長期にわたる場合です。派遣型の翻訳サービスは、同じ翻訳者が作業することになるので、会社特有の用語などの理解も深まり、スムーズに翻訳作業を進めることができるからです。翻訳会社を通さずに、社内で直接翻訳者に細かい指示ができる為、柔軟な対応が期待できるという点もメリットの一つとなっています。

他にも派遣型の翻訳サービスのメリットは、プロジェクトに変更があって翻訳が変わることがあってもタイムリーに対応することができる点です。このような点からマーケティングの資料や広報関連の翻訳においては、派遣サービスの方がメリットがあるといえます。さらに派遣型の翻訳サービスは、具体的な要望を伝達しやすいというメリットもあります。

翻訳会社に依頼すると、見積りや翻訳に必要な用語集を送付するなど、手間がかかってしまうことがありますが、派遣サービスはオンサイトでスタンバイしているので、そのような手間をかけることなく翻訳を依頼することができます。派遣サービスの費用を見てみると、時間単位での契約になるので、案件によってそのコストパフォーマンスは異なります。案件の量が多い時はコストパフォーマンスは高いですが、案件の量が少なくなってしまうと割高になってしまう場合があるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *