必要あればミーティングも行う翻訳サービス

海外で自社の商品やサービスを展開するときには、その説明や特許などで現地の言葉で訳すことが必須になります。

中にはその国だけの言葉があったり、英語などメジャーな言語でも専門用語となるとスペシャリストに依頼することが求められます。そこで登場するのが翻訳サービスですが、選ぶときには手間を惜しまない会社であることが重要です。翻訳サービス自体はその言語をよく知っており、現地で実際に使われる適切な言い回しなどができれば問題ありません。しかし、翻訳する前の日本語の時点で内容をよく理解していないと、訳せないという結果になります。

例えば製造などでものの構造や技法がわかっていないと、日本語でも理解できませんので翻訳サービスにはなりません。ただ日本語を現地の言葉に置き換えるだけではなく、意味することを理解しなくては翻訳になりません。そこで必要があれば技術の説明などを求め、理解してから翻訳する姿勢の翻訳サービスが安心です。

専門的なことは一般では知らなくて当然です。そこを言葉だけ訳して終了としてしまうのではなく、きちんと勉強して理解しようとする方が安心ですし、より伝わる正確な翻訳ができるので質も高いサービスと言えます。そのためには数回は打ち合わせや選協会を依頼されるかもしれません。しかし、それを面倒くさがらずに説明する負担もプラスに働くと思って、お互いに協力し合うことも重要です。むしろ何も問い合わせなく訳すだけの方が、疑問に思った方が良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *