京都で水道修理会社の求人が多い理由

人々が生活をするうえで、欠かすことができないインフラが水道です。

都市開発をおこなう際、電気・水道・ガスの敷設工事の中で真っ先におこなわれるのが水道管の整備であり、日本国内では1955年~1980年の間に全国主要都市の水道網が整備されました。京都に至っては1960年と早い時期になされたため、水道管の耐久年数である40年が経過したことで早急な取り替え工事を必要としているほどです。水道設備をメンテナンスするための水道修理会社は全国各地にあり、この会社は水道管の敷設・取り替え工事も担っているのが一般的です。

京都には2020年2月現在で市内に計260件もの会社があり、このうち計240件で水道修理に携わる求人募集がなされています。全国的に見ても、京都市内の水道修理会社の求人募集件数は約4.6倍と高くなっていますが、その理由としてあげられるのは市内各地で、水道管の水漏れというトラブルが多発しているからです。先述したように京都では早い時期に水道インフラ整備がなされたため、既に2010年の段階で配管の耐久年数である40年を迎えていました。

しかし、水道管の取り替え工事に時間が掛かっており、2020年1月現在で市内の34%しか新しい水道管に取り替えられていません。これに伴い、各地で水漏れという問題が多発しているので、水道修理をおこなう人材確保がなされているという訳です。京都では2026年までに市内全域の配管を新設すると明言しており、さらに多くの求人募集がなされることでしょう。
京都の水道修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *