水道詰まりであわてないための予防と修理

水が流れにくくなったかなと思いながらずるずるとそのままにしがちな水道詰まりですが、台所や洗面所、浴室など毎日使う場所なので、一度水道詰まりをおこしてしまうと生活に支障をきたすことになりかねません。

そのためには詰まらせない予防と、万が一詰まってしまった場合の対応の二つを抑えておくことが大切でしょう。詰まらせない予防には、台所だと食べ物のカス、洗面所や浴室だと髪の毛や異物を極力流さないように排水溝にネットを取り付けたり、定期的に薬を使ってパイプ洗浄をすることをお勧めしますが、特に頑固な汚れは業務用のパイプクリーナーを使うのが有効です。そうしていても、長い時間をかけてパイプの汚れは蓄積されつまりとなりある日突然全く流れなくなるということがあります。それでも今はホームセンターなどで、水道詰まりを修理するグッズも売られているので自分でなおすことにチャレンジされる方も多いはず。

すっぽんとよばれるラバーカップやワイヤーブラシ、真空ポンプなどを購入すれば自分でできるので簡単ですが、つまりの場所によってはそれでも解決しなかったり下手に素人がやってしまうことパイプを傷つけ問題を悪化させてしまうこともあります。自分でやってみてもだめだった場合、慣れない場合はプロの修理屋さんにお願いするほうが安心なので、そういうことを踏まえて何もない時から、困ったときにすぐ頼めるよう近くの修理屋さんを調べておくのも必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です