お腹や太ももなどの脂肪が、バストに移動できればなと考えた事のある女性は、多いのではないでしょうか。このような女性にとって夢のような事が、豊胸手術によって実現できるようになりました。自分の脂肪を使いバストアップできる豊胸手術は、「脂肪注入法」と言われています。この豊胸手術はまず脂肪吸引を行い、吸引した脂肪をバストに注入しバストアップするのが特徴です。

自分の脂肪を使っている為、アレルギー反応などは起こらないと言われています。また見た目や触り心地がとても自然で、レントゲンを撮ってもシリコンのように、手術を受けた事が分からない為、他人に豊胸した事を知られたくないという方にお勧めです。脂肪はお腹や太もも、お尻などについている、いらない脂肪を使います。ですので、脂肪注入法はボディラインを整えつつ、バストアップできるというメリットも持ち合わせているのです。

このようにメリットが多い脂肪注入法は、人気の高い施術となっています。気になる費用ですが脂肪注入法の場合、脂肪吸引の費用と脂肪を注入する費用、2つの費用が必要です。脂肪吸引料。脂肪注入料ともに平均して約30万円から40万円が相場と言われています。

ですので脂肪注入法全体では、平均して約60万円から80万円程度かかります。バストアップできるカップ数は、約1カップ程度なので2カップ以上、大きくしたいという場合、シリコンを使ったバッグ挿入法を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です